有効性の高いガン治療|免疫療法で改善する辛い症状

医者

早期発見が大切

化学療法が効果的

doctor

医学技術が発達した現在でも依然として死亡率が高い病気として恐れられているのがガンです。その中でも悪性リンパ腫は名前からして危険な病気だと思われていますが、ガンの中では比較的生存率が高い病気となっています。悪性リンパ腫とは名前の通りリンパ組織に出来るガンです。体の中を流れるリンパ液はリンパ管と呼ばれる管の中を流れています。その為、悪性リンパ腫といっても体のどの部分に出来るかはわかりません。比較的多く見られるのが、首や脇の下などリンパ節が多い箇所です。こういった部分に痛みの無いしこりが出来ている場合には注意が必要です。他のガンと比べると悪性リンパ腫は化学療法が効果的となっており、早期に発見して抗ガン剤で治療をすることによって生存率はかなり高くなっています。

定期的な検査が大事

他のガンと比べると生存率が高いとされる悪性リンパ腫ですが、そのためには出来るだけ早期に発見することが大切です。発見が遅れると転移してしまうなど、治療が困難になってしまうのです。しかし、悪性リンパ腫は症状が進まないと自覚症状が少ないという特徴があります。発熱や体重の減少といった症状が見られることもありますが、痛みを感じるといったことが無いので早期発見が難しいとされています。このような自覚症状が少ないガンを発見するためには、出来るだけ定期的に検査を行うことが大切です。他のガンと違って体の中にあるリンパ組織のどこにでも出来る可能性がありますので、検査を行う場合には出来るだけ全身の検査を行うことが大切です。